前ちゃんの中学校数学の部屋

last update 2016/06/01


 

ホーム    サイトの目的&自己紹介   更新履歴   サイトマップ    リンク    掲示板    お問い合わせ


MENU


 数学教材の作り方ホーム

 専用掲示板


パワーポイント教材作りの基本


 スライドの作り方

 図形の挿入

 画像の挿入

 表の挿入

 図形の寸法線の入れ方

 記号の作り方


式の書き方


  分数、平方根、連立方程式

  累乗

  数式x、yフォントの挿入


グラフの書き方


  双曲線・放物線の書き方


アニメーション


 アニメーションの基本

 図形の回転移動

 図形や画像の平行移動

  円を手で書いたように見せる

  水槽の水を増やす

  水槽の水を減らす


 

 

 


パワーポイント教材作り 式の書き方

 

数式x,yフォントの挿入


 数式をかく場合、普通に書くとx、yのフォントはこのように+2x y+y=0,数学の教科書のフォントとかなり異なります。私も普通に入力したほうがすらすら式が打てるのでフォント変換していなかったのですが、生徒のノートを見ると、x(エックス)と×(かける演算記号)とが一緒になって区別しにくいものがいくつかあったので、今後はフォントを教科書に近いものに変えようと思っています。

 

  教科書に近いx、yフォントの入力は次のようにします。

 「挿入」タブをクリックし、「数式」を選択します。

 

 「記号と特殊文字」の右下のタブをクリックして「基本数式」のウィンドウを出し、

 

 基本数式タブのメニューから「上付き/下付き文字」を選びます。

 

 ここから小文字のx、yを選択すると

 

 数式でよく使われるフォントのx、yが挿入されます。

 

 あとはもう一組コピーして累乗をつけると見栄えのいい2次方程式の完成です。


 

 

 


 

 ホーム      TOPに戻る

 教材のダウンロード | パワーポイント1年 | パワーポイント2年 | パワーポイント3年 | パワーポイント技術 |  パワーポイント情報モラル  | 指導案・補助教材

 テストのダウンロード  |  中間・期末テスト(数学) | 期末テスト(技術) | 学習プリント

 授業実践 | 授業実践事例一覧 |  授業研究 |  自作教具を用いた授業 |  学び直し  | 他の実践 | パワーポイント教材の作り方 

 リンク | 授業に役立つ単元別リンク集 | 授業に役立つ目的別リンク集

 自宅学習 | 自宅学習トップ | 1年 | 2年 | 3年


 サイト情報 |  ホーム | サイトの目的&自己紹介 | サイトマップ | 掲示板 | プライバシーポリシー | お問い合わせ 

 Copyright (C) 2006 [前ちゃんの中学校数学の部屋] All rights reserved. 最終更新日 : 06/01/16