前ちゃんの中学校数学の部屋

last update 2015/12/18


 

ホーム    サイトの目的&自己紹介   更新履歴   サイトマップ    リンク    掲示板    お問い合わせ


MENU


 数学教材の作り方ホーム

 専用掲示板


パワーポイント教材作りの基本


 スライドの作り方

 図形の挿入

 画像の挿入

 表の挿入

 図形の寸法線の入れ方


式の書き方


  分数、平方根、連立方程式

  累乗

  数式x、yフォントの挿入


グラフの書き方


  双曲線・放物線の書き方


アニメーション


 アニメーションの基本

 図形の回転移動

 図形や画像の平行移動

  円を手で書いたように見せる

  水槽の水を増やす

  水槽の水を減らす


 

 

 


パワーポイント教材作り アニメーション

 

図形の回転移動


  図形や時計の針などを回転させるには、移動させたい対象を選択した状態で、アニメーション→強調→スピンを選択します。 しかし、単に回転させたい図形を選択してスピンをつけても、その図形の中心になるところをPPTが勝手に判断して回転させるため、自分がしたい回転とは違うものになります。なので、図形を自分が回転させたい回転の中心で回転移動させるときは、少し細工をする必要があります。

 

たとえば、下の図形を点Aを回転の中心にして回転させたい場合、

 

その点Aを中心にした点対称な図形をつくります。

 

この状態で二つの図形を選択し、マウスの右クリックグループ化します。

 

グループ化できたら片方の図形を図形の塗りつぶしで白く塗りつぶします。

 

この状態でアニメーション→強調→スピンを選択 すれば、点Aを中心に三角形を回転移動させることができます。また、このままだと360°回転して元に戻ってきますが、効果のオプションで回転方向と回転量を変えることができます。

 


 

 

 


 

 ホーム      TOPに戻る

 教材のダウンロード | パワーポイント1年 | パワーポイント2年 | パワーポイント3年 | パワーポイント技術 |  パワーポイント情報モラル  | 指導案・補助教材

 テストのダウンロード  |  中間・期末テスト(数学) | 期末テスト(技術) | 学習プリント

 授業実践 | 授業実践事例一覧 |  授業研究 |  自作教具を用いた授業 |  学び直し |  パワーポイント教材の作り方 

 リンク | 授業に役立つ単元別リンク集 | 授業に役立つ目的別リンク集

 自宅学習 | 自宅学習トップ | 1年 | 2年 | 3年


 サイト情報 |  ホーム | サイトの目的&自己紹介 | サイトマップ | 掲示板 | プライバシーポリシー | お問い合わせ 

 Copyright (C) 2006 [前ちゃんの中学校数学の部屋] All rights reserved. 最終更新日 : 12/18/15