前ちゃんの中学校数学の部屋

last update 2015/12/05


 

ホーム    サイトの目的&自己紹介   更新履歴   サイトマップ    リンク    掲示板    お問い合わせ


MENU


 授業実践事例一覧

 自作教具 について

 作製した自作教具例

 

自作教具を用いた授業


中学校1年


 正の数・負の数

 文字を用いた式

 一元一次方程式

 比例、反比例

 平面図形

 空間図形

 資料の散らばりと代表値


中学校2年


 文字を用いた式の四則計算

 連立二元一次方程式

 一次関数

 図形の合同 (語句カード)

 円周角の定理

 確率 の導入


中学校3年


 平方根

 式の展開と因数分解

 二次方程式

 図形の相似

 円周角と中心角の関係

 三平方の定理

 関数 y=ax2

 標本調査


選択数学


 ハノイの塔


小学校算数


6年 分数のたし算とひき算


 学び直しの場を設定した授業

 デジタルコンテンツ使用事例


教材のダウンロード一覧


 パワーポイント教材1年

 パワーポイント教材2年

 パワーポイント教材3年

  パワーポイント教材学年共通

  学習プリント

  中間・期末テスト

 指導案・補助教材

 数学通信

 パワーポイント教材 技術


 

 

 


  中学校1年 文字を用いた式



課題学習 ハノイの塔


1年生の最後の単元が終了したので、ハノイの塔を作り、課題学習を行いました。
 3段目、4段目までは実際にやりながら順調にクリアできたのですが、5段になるとさすがに難しかったようです。5段目までの結果をもとに、生徒は段数と回数の関係を表をつくり、そこにどんなきまりがあるのかを考えました。これを一般式に結びつけるのが本時のねらいだったのですが、なかなか気づかなかったので、特に回数に注目させて考えさせました。

 

この教具は発泡スチロールと竹ひごを使えば20分ほどで作ることができます。

 

 

 

 

 


文字を用いた式の導入1


第1学年の文字を使った式の導入では文字を使うと便利だということを理解させるため、下記のように種類分けしたカードとビデオテープのケースに文字を張り付けた教具を作成した。下に示したカードを1つの文字で表したカードケースの中にしまうことによって、文字を使えば簡単に整理できることを体験することができた。

種類別のたくさんのカードを
ケースの中にしまうと・・・
こんなにも簡単にできるんだね

 


文字を用いた式の導入2


第1学年の文字を使った式の導入では文字を使うと便利だということを理解させるため、ダンボールと画用紙を使って下記のようなポストを作成した。上の口から数字を書いたカードを入れると、下の文字のところに落ちて、文字はいろんな数字の代わりをしてくれているということを実感させた。

図1

 この教具を作るのに要した時間は30分。
 郵便のマークのところにはアルミ缶を切って両面テープで貼り付けた。こうしておけば図2のように文字で置き換える前の意味を書いたカードを磁石で貼り付けておくことができる。

図2

上の口から数字のカードを入れると

下の文字が数字に変わる。

 


 

 ホーム      TOPに戻る

 教材のダウンロード | パワーポイント1年 | パワーポイント2年 | パワーポイント3年 | パワーポイント技術 |  パワーポイント情報モラル  | 指導案・補助教材

 テストのダウンロード  |  中間・期末テスト(数学) | 期末テスト(技術) | 学習プリント

 授業実践 | 授業実践事例一覧 |  授業研究 |  自作教具を用いた授業 |  学び直し |  パワーポイント教材の作り方 

 リンク | 授業に役立つ単元別リンク集 | 授業に役立つ目的別リンク集

 自宅学習 | 自宅学習トップ | 1年 | 2年 | 3年


 サイト情報 |  ホーム | サイトの目的&自己紹介 | サイトマップ | 掲示板 | プライバシーポリシー | お問い合わせ 

 Copyright (C) 2006 [前ちゃんの中学校数学の部屋] All rights reserved. 最終更新日 : 12/05/15